トップページ > ふるさとミュージカル > 第32回公演情報
鹿野町の総合情報ページ「鹿野大図鑑」


鳥取県ミュージカル連盟第4回合同公演 / 第32回鹿野ふるさとミュージカル鳥取公演

2007公演より
平成30年6月10日(日)14:00開演  鳥取市民会館大ホール


チケット・プレイガイド  託児サービス  作品あらすじ 
前売りチケットの販売について    第32回鹿野ふるさとミュージカル鳥取公演

一般1,500円(当日は1,800円)  高校生以下800円(当日は1,000円)

5月1日より前売りチケットの販売を開始します。次のプレイガイドでお求めください。なお、メールでもご予約いただけます。

○プレイガイド


鳥取市街
・鳥取市民会館・とりぎん文化会館・鳥取市文化ホール

倉吉市周辺
・倉吉市未来中心・ハワイアロハホール

鳥取市鹿野地域
・鹿野町トレーニングセンター、鹿野町総合支所、鹿野町総合福祉センター
・おもしろ市、ホットピア鹿野、鹿野そば道場、往来交流館「童夢里」
・しかの心、夢こみち、ゆめ本陣
・勝谷地区公民館、小鷲河地区公民館

○前売券メール予約


下記アドレスに「お名前」「チケット区分(一般、高校生以下)」をご明記のうえご予約ください。(前売りチケットは、公演当日受付にて代金と引き換えにお受け取りください。)
予約メールアドレス info@shikano.net

託児サービスについて    第32回鹿野ふるさとミュージカル鳥取公演


 公演に際して、託児(無料)をご希望の方は、お子様の「お名前」「年齢」を明記のうえ、平成30年5月31日までに下記のアドレスにてお申込みください。

予約メールアドレス info@shikano.net




チラシダウンロード  


あらすじ

"ふるさとミュージカルが描きだす山里の情景"

 1600年頃、譲伝寺の池に、いたずら好きの河童「川太郎」が棲んでいた。今日も、通りかかった村人「与太」を、得意の妖術でからかうのだが、猪うちの「杉次郎」が妻を迎えたことを見聞きするにつけ、人間になりたいと願うようになっていった。そんなある年、鹿野はひどい干ばつに。譲伝寺の和尚から人間になるためのヒントを聞き出した川太郎は、雨を降らせるため、厳しいて修行に没頭した。その甲斐あって鹿野は恵みの雨を迎える。
 人のために尽くす喜びを知った川太郎は、次なる難題へと。村人を苦しめていた毒蜘蛛退治に立ち上がる。

脚本:菅沼 潤   音楽:上萬雅洋
演出・振付:風間千明
2007公演より

譲伝寺
譲伝寺(鹿野町今市)

舞台裏 「譲伝寺」(鹿野町今市)

 因幡地方の曹洞宗の本山。鹿野温泉の南西端にある。お寺の近くの川淵には、ひどい日照りから救ってくれた河童が棲んでいたと伝わっている。
 現在、譲伝寺の周辺には 温泉公園や病院、老人保健施設などが集積され、鹿野町の福祉・保健ゾーンとして今なお多くの人々の、やすらぎの里となっています。 


 

鹿野大図鑑編集室へメールを送ります